Archive for the ‘未分類’ Category

事故連絡や事故対応の進捗確認も

交通事故発生時に被害者になったケースと加害者になったケースでは対応に差が生じてくるのですが、深夜や目撃者が少ないエリアで被害者となったパターンでは、自分の利益を守るために、自動車保険のことを頭に入れておくのが大切です。被害者になったパターンですべきことは先方の身元を安否を確認することと、現場の保全することがまずは大事です。その後は警察へ届けると同時に保険会社へ連絡することが求められます。被害者となった場合、相手から示談にしましょうと金額を提示されるパターンがありますが、この時点で同意をしてしまうと後で保険会社が対応できないこともあるので、進捗に関しては当人同士の示談は極力避けるのがベターです。せっかく自動車保険に加入しているのですから、現場に担当者に来てもらいたいところですが、金融機関や代理店を問わずに保険会社の担当者が現場に進捗の確認に来ることはまずありえません。その理由としてはその時点で保険会社の人間が来ても、保険に関することは何もできないからです。今後の自動車保険はインターネットでの申し込みが多くなり、それにしたがって環境も変わっていくので加入するだけではなく、様々な注意が必要です。

???? Vol.37 ????????

契約内容の変更が24時間

山01自動車保険は現在インターネットなどで一括の見積もりを行なえば一番自分にあった保証で一番安く出来る保険会社などを見つけてくれます。早割などで手続きを行なえば1万円引きになったりゴールド免許を取得していればそれもまた割引の対象となります。ネットなどで保険証券を確認できますし、もし車両を買い換えたり住所が変更したりしてもネットですので24時間受付を行なっています。分らない事があってもコールセンターなどでご質問なども受け付けているようですので、ご質問などされると良いみたいです。ネット社会ですのでそういった変更手続きも昔みたいに郵送で行なわなくてよくなり事務の効率化になっています。今の車の保険はロードサービスなども無料で付いていてもし何かあっても駆けつけてくれます。前はそれこそJAFに依頼してその様な緊急事態は助けていただいていました。保険会社もそういったロードサービスと契約しているのでそのあたりは二重に加入しなくても済みます。しっかりとした保険のサポートの基でドライバーももしもの事態に備えて運転していかなければ突然の事故などの出費や怪我などの入院にかかる費用も助けてくれます。そう考えると保険会社もネットを通じてもっと身近になって気がします。

一括見積もりのメリット

自動車保険というのは、知らず知らずに更新の時期が近づいてしまっているというように感じるものです。
事故を起こさないで運転をするということは一番いいことですが、同時に自動車保険に加入している事実を忘れてしまうというようなことも実際にあり得るものです。
保険を使うようなことがないことが一番なのですが、やはり保険の内容や費用というのは事前にきちんとチェックをして加入をするということも必要です。
とはいえ、やはり満期が近づいてくるということになっても、仕事や家事などが立て込んでいて、見積もりが各社どのぐらいなのかというのを知るというのはかなり難しい作業というように感じる人も少なくありません。
そういった忙しいときの見積もりを取るという希望をかなえるには、一括見積のサービスを利用するというのが便利なのです。
一括見積もりに関しては、インターネットのサイトを通じて行うことができます。
一つ一つ自分が知っている損保会社に連絡をして見積もりをもらうというのはものすごく時間と量力をかけて行わなければならないものですが、インターネットで必要な住所や車のことを入力することによって、複数の損保会社の見積もりを一括して取ることが可能になります。
時間がない、面倒なことが嫌いという人には最適のサービスでもあります。

桜

インターネットを活用しよう

紅葉と川自動車保険は現在数多くの保険会社が提供している保険となっており、車を運転する方のほとんどが加入する一般的な保険であると言えます。そのため、一つ一つの保険を比較することが難しく、時間のない方の中には細かい比較をしないまま何となく加入してしまう方も少なくありません。
そこでおすすめなのがインターネットを利用した一括見積もりです。保険の比較サイトでは、簡単な入力を行うだけで様々な保険会社の商品を一度に比較することができます。このようなサイトは保険会社からの広告費を元に運営されているため、利用者に金銭の負担が発生したり、特定の保険会社に強引に加入させられる心配もありません。
自動車保険の一括見積もりを請求する際、新規で保険に加入する場合は車検証、すでに加入中の場合は保険証券が入力時に必要となります。見積もりは各保険会社から個別に送られてきますので、保険料や補償内容などをよく比較し、一番条件の良い商品を選ぶとよいでしょう。
また、ネット契約した保険には特別な割引きが適用される場合もあります。これは代理店を持たない通販型の保険によく見られるもので、このような保険に変更するだけで保険料を大幅に減らすことも可能となっています。

保険料を抑える為の5つのポイント

保険料を抑える為の5つのポイントがあります。一つ目はエコカーなどの割引利用です。もちろんこれはハイブリッドなどの車を購入しなければいけないので初期投資は必要ですが、現在は手頃な値段でもこのハイブリッド車が手に出来る時代です。二つ目ははや割りなどの割引サービスを利用して1万円引きなどを受けるです。証券が届くのが保険更新の2ヶ月前ですので早々に手続きを行なえば割引可能になります。三つ目は車両保険を抑えるです。事故負担額を増やせば当然保険は安くなりますのでその辺りを考慮していく事です。四つ目は年齢などの制限です。年齢も若いと事故率が高くなり年齢が高すぎるとまた事故率が高くなるのでその辺りは自分がどの位置にいるのかで変わっていきます。五つ目は限定特約です。これは例えば走行距離をこの距離までしか走らないのであったらかなり低く保険料を設定できたり、家族は使用しないで自分だけしか自動車を運転しないなどドライバーを限定したりする事で保険料を安く設定できたり出来ます。その辺りを工夫すればかなり割安な自動車保険の契約が出来そうです。自動車保険業界の動向は現在若者の車離れなどで加入者が激減していて厳しい状況で既存のお客さんの取り合いが激化している状況です。何処の保険業者も安い保険のプランを掲げて提案しています。利用者もしっかり見極めて良い保険プランに加入したいですね。

紅葉02

自賠責保険もアップ!?

???? Vol.6 ????????2013年の4月に自賠責保険は平均13.5%アップしました。
自賠責の保険料はその収支を反映させるものですので、2002年度に累積利益が出たために2008年には24%の引き下げも行われています。
その後、後遺障害などに対する支払い額が想定を大きく上回ることとなり、累積赤字を出したことを反映させて、2013年のアップに繋がりました。
2014年は消費税が上がる年となります。
保険料は非課税取引となりますので、この消費税の増税によって直接的に保険料がアップすることはありません。
しかしこの消費税が増税されたことによって、保険金の支払額が大きくなることは容易に想定できます。
また運営している中で消費税のアップが収支を圧迫する部分が出てくるのも歪めません。
もちろん任意保険の運営のほうがその圧迫感は大きなものと考えられますが、自賠責においてもやはり例外ではないのです。
まず任意保険商品を販売する損保会社が値上げに踏み切ることは容易に予想できますし、徐々に足並みも揃えてゆくことでしょう。
自賠責とて消費税増税以降の収支の変化によっては、アップされる可能性は大です。
この保険料は車を所有すれば一様に掛かってくるものですので、どこで保険料の出費を抑えるかということになると、任意自動車保険の選び方に関わってきます。

値上げ理由

自動車保険の保険料が上がる理由には高齢ドライバーと若年層の事故の増加が背景になっています。
特に高齢ドライバーの事故率の割合が高くなり、自動車保険の損害率はアップしています。
この損害率とは言わば、保険料に対して支払いの割合であり、増加に転じているということは支払いが増えているということであり、収支も悪化しています。
これが値上げの大きな要因となっています。
保険会社の保険料率は自社が算定するものと、損害保険料率算出機構が算出する基準料率があり、これらの数値が保険料を定めるベースになっています。
収支の悪化は等級制度の変更にも反映され、事故有りは3等級ダウンとなるばかりでなく、3年間継続されることになります。
これは等級ダウンでも、無事故ドライバーの等級と同じ割引率となるのは不公平感が生じるため、これを是正したものです。
また、年齢条件の細分化も代理店系を中心に進んでいます。
若年層を中心に年齢条件に重きを置いていましたが、今後は高齢者でも細分化が進むことになります。
保険料の差は各社で分かれるところですが、価格性で優位な通販型のメリットが大きくなることも予測されます。
高齢者の事故を受けての値上げですが、今後の自動車保険の選び方にも影響を与えそうです。

紅葉

新しい年齢区分の幕開け

光と自然数年前までの自動車保険では、記名被保険者の年齢は保険料に関係なく、車の運転者の年齢条件を設定することによって保険料がかわってきていました。
年齢条件は、年齢問わず・21歳以上補償・26歳以上補償・30歳以上補償・35歳以上補償とあり、年齢条件を高く設定するほど保険料は安くなっていました。
しかし高齢化社会の現在、車の運転者も高齢化しており、高齢者の事故率が圧倒的に高くなっています。
それまで事故をおこしていなければ、ノンフリート等級がすすんでいるため高齢者の保険料は安くですんでいます。しかし、事故率が高いため高齢者の保険金支払いは増えていくいっぽうです。
このようなアンバランスな現状を背景に、損害保険各社が自動車保険の改定を行いました。
具体的な内容としては、年齢条件の26歳以上補償と30歳以上補償が統合され26歳以上補償となっています。
また26歳以上補償・35歳以上補償の場合、契約始期日時点における記名被保険者の年齢に応じた「記名被保険者年齢区分」に基づき保険料が算出されます。
区分は、29歳以下・30歳~39歳・40歳~49歳・50歳~59歳・60歳~69歳・70歳以上となります。
保険料としては、50歳~59歳の区分に近づくほど保険料は安くなっていき、60歳以上になると今度は高くなっていきます。
この区分はあくまでも保険料を算出するための区分であり、補償の対象となる運転者の年齢を制限するものではりません。

 

1年間無事故でも値上げ?

最近、自動車保険の保険料値上げが問題視されています。保険料を算出するしくみは非常に複雑ですが、保険料の値上げは私たちの日々の生活に直結するものです。自動車保険の保険料が上がる背景には二つのことがあると言われています。一つ目は、若い人の自動車乗車率の低さです。若い世代は、一昔前と比べて特に車離れが酷くなってきています。そこで、保険会社は保険料をもらって、運営しなければならないため、車に乗るひとの全体の保険料が上がっています。二つ目は、高齢者のドライバーの数が年々増えてきて、大きな事故を起こす事例が増加しています。保険会社にしてみれば、保険料収入は減る一方なのに、保険金の支払いは増えているというバランスがとれない状態と陥っているのです。では、無事故の時は保険料はどうなるのか。この場合は、事故がゼロの運転をずっと続けてきたドライバーはどんどんと等級が高くなり、割引率が大きくなるので、支払う保険料は安くなります。反対に事故をたくさんしてしまった運転手には、等級が下がり、負担額がかなり大きくなってきます。事故をしないで、徐々に等級を上げて保険料を抑えることが、家計にも運転手自身にも有利になることでしょう。 湖畔02