事故連絡や事故対応の進捗確認も

交通事故発生時に被害者になったケースと加害者になったケースでは対応に差が生じてくるのですが、深夜や目撃者が少ないエリアで被害者となったパターンでは、自分の利益を守るために、自動車保険のことを頭に入れておくのが大切です。被害者になったパターンですべきことは先方の身元を安否を確認することと、現場の保全することがまずは大事です。その後は警察へ届けると同時に保険会社へ連絡することが求められます。被害者となった場合、相手から示談にしましょうと金額を提示されるパターンがありますが、この時点で同意をしてしまうと後で保険会社が対応できないこともあるので、進捗に関しては当人同士の示談は極力避けるのがベターです。せっかく自動車保険に加入しているのですから、現場に担当者に来てもらいたいところですが、金融機関や代理店を問わずに保険会社の担当者が現場に進捗の確認に来ることはまずありえません。その理由としてはその時点で保険会社の人間が来ても、保険に関することは何もできないからです。今後の自動車保険はインターネットでの申し込みが多くなり、それにしたがって環境も変わっていくので加入するだけではなく、様々な注意が必要です。

???? Vol.37 ????????

Comments are closed.